columnコラム

料金についてのお知らせと、キャセンル料金の意味

2024/01/04

こんにちは、札幌カウンセリングオフィス雪花(札幌市琴似、北区、東区、西区、白石区と、その他の区)の菅原奈緒(臨床心理士・公認心理師)です。

早いもので、雪花を開所して10ヵ月が経ちます。オフィスを運営するうちに、料金についての細やかな取り決めをする必要があることがわかってきました。これまで、そのつど検討し、必要に応じて口頭で説明してまいりました。

そこで、今回のコラムでは、これまでは口頭で説明してきたことを、キャンセル料金の意味と合わせてまとめてみました。
「身銭を切る」という言葉の通り、料金の支払いというのは大きな負担です。だからこそ、その料金について明記しておくことは重要なことだからです。

【カウンセリングの料金について】

まずは、カウンセリング料金についてです。あらたに延長料金を設定いたしました。基本料金はこれまで通りです。

対面カウンセリング、オンライン(ZOOM・電話相談)

初回カウンセリング 90分 10000円 
継続カウンセリング 50分 8000円

10分延長毎:1500円

*ただし、延長が可能な場合に限ります(次のご予約の方の時間をずらしての延長はできません)。

【緊急の電話の対応について】​ 

つぎに、電話対応の料金についてです。予約についてなど事務的な連絡や、開始前のお問い合わせなどはここには含まれません。
ここで想定しているのは「次のカウンセリングの前に、どうしても相談したいこと、伝えたいことがある」という場合です。

緊急電話対応20分:3000円 10分延長毎:1500円

*継続カウンセリングをしている方に限ります。即時対応できない場合もあります。予めご了承ください。 
*お支払いは後日振り込みとなります。振り込み期限を明記した請求書をお送りします。​

【心理検査報告書や他機関への情報提供書について】

心理検査の報告書は、ご本人向けと専門職向けがございます。

文書作成料1セット:3000円(郵送料が必要な場合は別途料金がかかります)。

*心理検査の報告書は、結果のフィードバック時にお渡しするものとはまた別に作成いたします。ご希望される方はお申し出ください。

文書で伝えたいことがある場合

【よくある質問】にもありますが「相談したい内容を書類にまとめて、事前に読んでいただくことは可能でしょうか?」というお問い合わせをいただくことがあります。

 まず、相談内容については、基本的に当日お伺いいたします。初回カウンセリング前にお知らせされたいことがある場合は、WEB予約の【備考】にご記入いただくか、【申込書】を、初回予約日の前にご送付ください。

もし、上記以外の方法で、カウンセラーに事前に目を通しておいてほしい文書があるときは、有料となります。A4版の文書1枚(2000字以内)につき1000円です。

キャンセル料金の意味

みなさんは「どうしてキャンセル料金が発生するのだろう?」という疑問を持ったことはあるでしょうか。また、そこには法律が関係していることはご存じでしょうか。

まず、予約がキャンセルされた場合、契約時に合意がされていれば、キャンセル料金を請求することが可能となります。雪花の場合も、その旨キャンセルポリシーや同意書に明記しています。

では、どうしてキャンセル料金料金の請求が可能となるのでしょうか?民法415条がその根拠となります。『予約は契約』であるため、契約した通りのことが行われない場合は、損害が出る分を請求することができるのです。

ご予約された方にしてみれば「実際にはサービスを利用しなかったのに。料金が発生するのか」と、釈然としないのではないでしょうか。
しかし、時間や場のご予約は、店頭に並べてあるような商品とは違い「キャンセルされたからすぐ別の人に売ろう」ということができません。「今日はキャンセルが出たので、カウンセリングはいかがですか?」と、飛び込みのお客様を受け付けるようなものでもないのです。

ただし、感染対策へのご協力や、自然災害などによるやむをえないキャンセルである場合、キャセンル料金をいただかないこともあります。やはり、社会通念上、むやみな請求をするのは望ましくないことです。

カウンセリングは、その方のための時間と場所をしっかり確保して、初めて行えるものです。
もしも「急な予定が入りやすい暮らしをしている」「持病があり、いつキャンセルしないといけないかもしれない」など、ご事情があるときはお問い合わせください。

​   

WEB 予約
APPOINTMENT